2020年2月16日日曜日

環境構築

主に自分用のチラシの裏(こういう表現も古くなったなぁ)的なメモ+α。

PC環境を替えると、いろいろ入れなおすのがめんどくさいわけですが、それでも10年前に比べるとずいぶんとましになりました。
Windows10のインストールはSSDの高速化・低価格化の恩恵も伴って非常に速くなり、インストール後の更新もあらかじめ最新ビルドをUSBメモリで用意しておけばすぐに終わります。
WindowsXPのころはnLiteなんてツールを使ってインストールディスクをカスタマイズしたりしていたものですが、いまではそんなことを憶えている人も少なくなったのではないでしょうか。

さて、今回のPC新調後に入れたものは以下の通り。
追加で入れるものもずいぶん少なくなりました。

Chrome
開発者ツールの使い勝手の都合上、普段使いのブラウザはChrome一択です。
Webページ制作ではChrome用に書いた後にIE11で確認し、まずいとこを見つけたら修正又は不具合回避を入れる感じです。
本当はIE11なんか対応したくないんですが、私がいる業界ではそれはまだまだ許されません。
なおFirefoxとEdgeでの確認は、「IE11で大丈夫なら問題ないやろ」という理由でよくオミットされます。(一応クライアントからなにか言われた時のためにインストールだけはしますが…)

というのが、先月までの私だったのですが、この度のChromium Edgeの正式リリースにより、Chromeはお払い箱になりました。
出力が基本的に同じで、利用している拡張機能も問題なく動いたので、それなら「Microsoft Edgeを使いましょう」を見なくて済む分、Edgeのほうがましということになります。
Windowsを使う以上はある程度の個人情報をMSにもっていかれるのは仕方がありませんが、Googleにまで差し出すのはどうにも気に入りませんしね。

AdobeCC
お仕事の都合上PhotoshopとIllustratorは必須なので選択の余地はありません。
他には納品後のメンテナンスは別の人がやることが決まってる場合とかにDreamweaverを使ったりもします。
正直、経費的にはつらいものがあるのですが、Adobe Fontsが無制限で利用できるので、フォントだけで年5万円ぼったくるモリサワに比べればはるかにましではあります。
世のWebデザイナーさんには、モリサワパスポート以外では利用できないフォントは使用しないで欲しいと常々願っております。

Office365 solo
WordやExcelはほとんど使いませんが、たまにPowerPointで作った資料や指示書が回ってくることもあるので一応入れます。
まあ、メインの目的はOneDriveの追加1TBなんですけどね。
現在、データは基本的にNASに置いてネットワークドライブとしてマウントし、処々の作業はそこで行っております。
IFは1GbEなので遅いといえば遅いんですが、扱うデータはせいぜい1GB程度のPSDやAIなので、さほどストレスはありません。
で、バックアップが必要なデータのみNASとOneDriveで同期させて冗長化を図っております。

VisualStudio Code
コーディング用。
HTML/CSS/JavaScript/PHP/Python/Bashはこれで書きます。
拡張機能が豊富で非常に優秀です。
SublimeTextとか、ずいぶんお客さんは減ったのではないでしょうか。
これといいEdgeといい、MSは将来Chromiumを乗っ取ってしまうのではないかと時々思います。

Notepad++
プレーンテキスト用。
昔はコーディングもこれでしたが、VSCodeに持ってかれました。
メモ帳もデフォルトがUTF-8(BOMなし)になったりと地味に改善はしてたりしますが、やはり機能不足です。

Git for Windows
Gitは便利ですが、GitBashの利用頻度が高いです。
なにかちょっとコマンド打ちたいときにはGit Bash Here で、気づけばbashが5個くらい起動してたりします。

WSL(Ubuntu18.04)
MSYS->Cygwin->MSYS2とWIndows上でUNIXライクな環境を使ってきましたが、もうGitBashとWSLの併用でいいんじゃないかな。
WSL2が正式リリースされたらもっと便利になるんでしょうかね。

VisualStudio2019 Comunity
一応入れましたが、まだ一度も使ってないな。

Python3.8
スクレイピングとか、コマンド1つではちょっと終わらない面倒な作業の時用。
VapourSynthは3.8にはまだ対応してないようなので入れてません。

PHP7.3
HTMLテンプレートエンジンとか。
WordPressのおかげでやっすい共用レンサバでもPHP7はまず動くので、Dreamweaver使わないなら選択肢はこれのみではないでしょうか。
PUGとかも悪くはないけど、Node.jsとか動かせる共用レンサバってないしねぇ。

AviSynthPlus
AviSynthはとりあえず無条件で入れる。
そろそろ何かまた書こうかなぁ。
ちなみに今回、インストーラ使って入れようとしたら日本語が文字化けしてました。
報告したら半日で直ったようですが、配布は次のリリースまで待たないといけないみたいです。
まあ、言語選択で英語選べば、何も問題はないんだけどね。

AvsPmod
AviSynthのお共に。
もう64bitのみでいいですね。

VirtualDub2
これもAviSynthのお供ですな。

mpv
動画プレーヤー。
レンダリングも軽いし、avsも再生できるし、ほとんどこれで充分。
DirectShow系は正直飽きたかな。

QuickViewer
画像ビューワー。
開発には私もちょっとだけ絡んでる縁で入れました。
表示も高速だし、zipやrarもそのまま開けるし、なかなかいいのではないでしょうか。
ショートカットをsendtoにおいて、コンテキストメニューからファイルやフォルダを開いてます。
欲を言えば、PSDもプレビューできるといいかも。

TEXTCALC
電卓機能付きメモ帳で、とても便利。
もう10年以上愛用してます。
これを知ってしまうとWindows標準の電卓は不便すぎて使えない。

萬屋
便利ツールの詰め合わせ。
作者は上記のTEXTCALCと同じでDV(メディアプレーヤー)の作者でもあるPRINCE KOGA氏。
とにかく多機能で、PC使ってて「あー、こんなツールがあれば便利かも」と思いついたときにこれをみると、たいていの機能はすでに持ってたりする変態ツール。
ファイルのリネームやカラーピッカー、簡易画像処理から、DirectShowフィルターのメリット値変更、ローカルHTTP/FTPサーバー、OutputDebugStringの表示、QRコード生成、各種ハッシュ値、Base64エンコード/デコードetc...
もうこれをWindows標準でつけてくれないかなぁ、MSさん。


というわけで、今回は「TEXTCALCと萬屋、とても便利だからみんな使うといいよ!」というお話でした。

2 件のコメント:

  1. Hi!

    will you come back to doom9?

    返信削除
  2. Nice Post, and good Information for this site. Thanks for shared!! The information which you people are given are really good, These look really great eapkmod.com

    返信削除